マイツールとバーコードについての質問

Web

[ ドイツ / フェッセン /  ノイシュバンシュタイン城が見える林から]

八月の初めに次のようなメールをS.K氏から頂きました。

----------------------------------------------

今晩は。
マイツールでチョットした処理をコマンドモードで使っているユーザーです。
よろしかったらご教示頂ければありがたいのですが。

マイツールでバーコードを変換したり、プリントしたり出来ますでしょうか。
ヘルプではマイツールアドオンのパーコード変換ソフトが必要と
書いてありますが、それ以上のことが分かりません。

---------------------------------------------------
それで次のように簡単にご返事を出しました。

S.K 様

マイツールにおいて、業務で出来ないことはほとんどありません。
Windowsを操れないくらいでしょう。
その代わり、Win95~Win7まですべてのOSで安定して動作します。

Windowsを操るには、WSHとコマンドプロンそして、VBAを連動して使えば
すべて、自由自在になんでも一般企業の業務であれば開発できます。
はっきり言って、マイクロソフトの「.NET」なんて、普通の企業には入らないんです。
儲かってしょうがない企業だけが使えばいいのです。(笑)

バーコード印字は、バーコードフォントというものがあります。
そのフォントを追加すればプリントアウトできます。

但し、バーコードの読み込みは、キーエンス製の読み取り機と、
そのアプリケーションを開発す る必要があります。

実際に、在庫管理などで活用した事例が沢山あります。
勉強してください。

------------------------------------------------
そして、この回答に対して次のメールが入りました。

ご教示、ありがとう御座いました。

一般企業でマイツールが何故もっと使われないのか、しかも
フリーのソフトなのに、、、と小職も不思議でならないと思
っている一人です。

奥が深く、かなりのことが半素人でやれることが分かってき
て、大藪様がホームページで書いておられる通りだと思えます。

今回、教えて頂いたバーコードのプリントもPFGEでデザイ
ンし、フォントはCODE39をインストールしPFGでレイアウ
トしたシールへプリント出来ました。
マイツールフリーのHELPはかなり良くできていますが、この
バーコードに関しては説明が貧弱でしかもアドインソフトの
「マイツールバーコード」が必要と書いてありますが、現在の
バージョンでは存在せず不要であることが貴職のアドバイスで
分かりました。 ありがとう御座いました。

但し、PFGで各行のデータを横2枚のA4タッグシールにプリ
ントするときにどうしても1行分飛ばしてしまいます。
これもマイツールフリーのバグでは無いかと思いました。

シールに印刷したバーコードをリーダーで読み込む場合、貴職
の御指摘ではキーエンス製の読み取り機と書かれていますが、
キーエンス製でないとうまく読みとれないと云うことでしょうか。

もう少しバーコードの事を勉強してみます。

----------------------------------------------------
それで、再度返事のメールを下記の通り送りました。

お礼のメールありがとうございます。
出張してましたので、ご返事が遅くなりました。

S.K さんは、私の手を抜いたアドバイスで、
きちんと、考えて仕事を進められたのですね。
それだけのスキルをお持ちだと言うことがわかりました。

S.K  さんが試みた通りが正解です。
あと、下記の件については・・・・

>但し、PFGで各行のデータを横2枚のA4タッグシールにプリ
>ントするときにどうしても1行分飛ばしてしまいます。
>これもマイツールフリーのバグでは無いかと思いました。

これについては、最近、実務でやっていませんが、
過去、そうしたことで困ったことはありません。ですから、
マイツールのバグではなく、どこかに問題があると思います。

こうした問題を解決する為には、やはり、トライアンド・カット
といったことで、何が原因か?を突き止める必要があります。

データ量をその限界前後で検証してみるということと、
どうしても、そうなるのであれば、オートプログラムによる
処理で逃げるという手もあります。

二枚の連続印刷のところを、一枚区切りの印刷でデータを
自動で分けて、印刷命令を二回させるというルーチンプログラム
を組めば、実質、連続印刷が出来るのと同じことです。

これだと、問題なく連続印刷ができるはずです。

これは、一応、私がそちらの状況をおぼろげに判断して言っている
ことですので、工夫次第でその程度の問題はプログラム上で
解決できると思います。

マイツールは、HELPよりも、解説本の方が詳しいのですが、
それでも、それらに乗っていない驚きの仕組みが沢山あります。
私の場合は、MTFREEを色々と実験してそうしたことを引き出しました。

そうしたノウハウは、Web上では、まったく載っていない ので記載してあげれば
いいのですが、私自身、色々なことをかなりやっていて、そんな時間が無いのです。
マイツールは私にとっての活動としてはほんの一部なのです。
私のブログや、HPをごらんになれぱわかって頂けると思います。

ですから、 S.K 氏も色々と試みてください。

私としては、マイツールで出来るか否かの判断ぐらいのコメントは
お手伝いできると思います。

さて、次に下記の件ですが、

>シールに印刷したバーコードをリーダーで読み込む場合、貴職
>の御指摘ではキーエンス製の読み取り機と書かれていますが、
>キーエンス製でないとうまく読みとれないと云うことでしょうか。

これは、たまたま私がシステムで運用に採用したメーカーが
キーエンス製でした。当時としてはバーコードリーダーのプログラム
開発を行うに当たっては、とても、イージーなアプリケーションでした。
丁度、ホームページを作るような感覚でできたので開発も早く出来ました。

他社もこれに、その後追従し たようです。キーエンスは、技術力があります。
従って、そうしたことを除けば、どのメーカーでも同じです。

と言うことで、頑張ってください。

-----------------------------------------------

企業での仕事は、特殊な業務で無い限り殆どが、

マイツールでシステム化して処理できる内容です。

しかし、ソフトウェア会社にとっては、こうしたプログラムで

開発するのを嫌がります。

マイツールだと商売になりません。OSが変っても

ちゃんと動きますから、アプリケーションの買い替えを

進めることが出来ないからです。

ソフト会社は本当に大変なのです。ハードウェアみたいに

消耗するものではないから、開発後の仕事が下手をすると

なくなってしまいますから・・・とてもソフト会社の経営は

難しいのです。

大藪光政

|

ファイアーフォックスのエラーメッセージ(ショートカットクリック時)

Web

    [   ウイーンにて、王宮の中を馬車が行く!  ]

最近、企業でエクスプローラ7のトラブルが多いと相談があります。

エクスプローラ6がサポート終了して、インターネット上では、色々なソフトウェアとの連関があって、企業の場合は、まだ充分に外回りで対応できていない8や9を用いずにブラウザは取り敢えず、各業界が対応してきた『エクスプローラ7』の切り替えでということで落ち着いています。

しかし、先刻、「マイテックの徒然草」でご説明しましたように、誤動作が多いようです。

この間の相談は、特定取引先のWeb取引ダウンロードにおいて、保存先を聞かずに勝手にダウンロードが起きてしまうという現象でした。

どうも、Web取引先のシステムが、エクスプローラ6を対象に構築されている為、"7"では、時々、動作がおかしくなることがあるようです。

そうであれば、Web取引先のシステムを"7"にしてもらえば良いのですが、相手は、取引としてお客様側の立場なので、そうしろともいえないので、当の注文をもらう方は、困ってしまったのです。

そこで、早速、某企業の社長にファイアーフォックスに切り替えることを進言しました。しかし、マイクロソフトのエクスプローラしか知らない社長にとっては、不安らしく、ためらっていましたが、ファイアーフォックスの利点を説明すると納得して頂き、早速、段階的に複数のPCに対して切り替えを進めました。

すると、一台、何故か、OSもハードも同じなのに、切り替え後のインターネット接続において、デスクトップのショートカットによる接続のみ、エラーメッセージがでるのです。

しかし、接続は出来ますので、そのエラー表示を消せばよいのですが、それが毎回なので、大変ですし、こんなことではファイアーフォックスの信頼がなくなります。

そこで、ネット上でそうしたトラブル対策がないか?調べてみました。

すると、二件ありました。ひとつは、ファイアーフォックスのヘルプサイトです。これは、英文のPCを使った和文の説明です。もうひとつは、「http://www.masahiko.info/it/archives/000900.html」という、日本語のPCを使ったサイトです。(OSは、XP )

どちらも内容はほぼ同じです。

それで、早速、これを実行してみましたがなんら変わらずに、エラーします。

それで、もう一度、セキュリテイも止めて慎重にアンインストールしてみましたが駄目でした。次に、スタートアップから怪しいものをチェックを外してみましたが駄目でした。

何をしても駄目なので、半分あきらめて掛けましたが、ファイアーフォックスのヘルプサイトの説明文の最後をもう一度よく読むと、「[DDE を使う]チェックボックスをOFFにします。」というところで、「OK」ボタンを押して終了しても駄目な理由が、ハタと!わかったのです。

ファイアーフォックスのサポートの「インターネットショートカットまたはローカルの HTML ファイルから Firefox を起動しようとしたときに次のエラーが発生する原因について解説します

の記事の最後のところが、若干、違っていたのです。

ファイアーフォックスのサポートは、もう一度、ボタンを押すというところが書かれています。
つまり、「DDE を使用する のチェックを外します。」という作業をしてOKボタンを押しますと、一旦、チェックが外れたようになりますが、もう一度、「Open」ボタンを選択して編集にしてチェックが外れた状態でOKボタンを押さないと認識されないようです。

その説明が、日本語PCでの説明文には落ちていました。

普通、一度、チェックを外して、OKを押せば、認識したと思うところですが、ここでは、そうではなく、外れた状態で、もう一度OKを押さなければいけないのです。

あと、ファイアーフォックスのサポートのサポートでは、下記の説明もあり、私は、一応これに対しても英文PC通り、同じ繰り返しで実行しました。

------------------------------------------------------

# 次のファイルの種類に対しても、上記の操作を繰り返してください:

    * (なし) Firefox URL
    * (なし) URL:HyperText 保護機能つき転送プロトコル (HTTP)
    * HTM Firefox Document
    * HTML Firefox Document

---------------------------------------------------------

結果としては、何度トライしてもエラーメッセージが出ていたのがピタリと止まりました。
何故、こんなことが起きるのか?使用者にとっては納得が行きませんが、マイクロソフトとファイアーフォックスを運営している企業間の確執から生まれたものかと?勘ぐりたくもなります。

ファイアーフォックスのツールはなかなか明解な仕組みになっていますから、IT管理者にとっては使いやすいブラウザと言えますね。

by 大藪光政

|

PCとOSとアプリケーションの関係について

P1020684 

 

 

 

 

XPもSP3になってからもUpdateが結構頻繁にあります。そのお話をちょっとしましょう。

昨年、購入して四ヶ月足らずのデル社のStudio1555が年末におかしくなりました。急に画面が固まってしまうのです。

強制終了しないと、どうにもならないことがしばしばありました。どうも、XPのUpdateの直後からおかしくなったようです。

特に、インターネットや地デジを使った時にそうしたトラブルがおきます。勝手にダウンすることもありました。

もともと、購入した時からブルー画面が出て不安定なときもありましたが、こうしたトラブルの問い合わせをしても、デル社はハードウェアのトラブル以外は購入直後でも無償では相手にしてくれません。ソフトウェアのトラブルは有償です。

でも、こうしたOSやソフトウェアがらみのトラブルに対しては、相談しても結局、リカバリしてくださいとの答えになります。

リカバリするということは、また、一からすべてやり直しをするので、多くのソフトウェアや、多くのドライバーが投入されているパソコンにとっては、完全復旧までには、丸一日掛かります。多くのインストールの積み上げには、慎重を期します。

こうした作業は、素人では無理でしょう。プロでも投入されているインストール内容物の癖を周知していないと、せっかくの作業が終えても、また、画面がフリーズしたりしますから大変です。

このパソコンには、バッファローの地デジの録画機能付のDT-H50/U2を接続しています。ハイビジョン画面としては、とてもきれいに映像が見られます。ただ角度に難点がありますので、直角で見るのがベストです。

こうした機能をパソコンに接続しますと、トラブルとして、アンテナが屋内のアンテナを使っていますから、電波状態によっても画面が固まります。

しかし、本来は、テレビ受信のトラブルですから、PCとは切り離して対応してくれないといけませんが、購入当初はこうした問題が解決されてなくて販売に至ったようです。

これは、ある意味でバッファローの責任でしょう。後で、対策のバージョンアップ版が出ていますが、まだ、未解決な状況です。

こうした新しいアプリケーションやドライバーとの兼ね合いと、後からOSのアップデートとが、ぶつかり合うと、最初にお話した問題が生じてくるわけです。

今まで、何度か、無線ランの時も含めてトラブルが続きましたが、デル社に相談しても、リカバリしか道はないといいます。

実際は、システムの復元でうまく行く場合と、それでも駄目な場合と色々ありましたが、その時その時の発生状況の特徴をよく分析して対策を練るのが一番のようです。

ですから、一般の方がこうした問題を解決するのは不可能だと思います。最新の技術の出来栄えを試すことが目的であれば構いませんが、そうでなく、実用としてこれらを使うのはお勧めできません。

テレビは、単独で購入するのが一番です。また、あまりPCに色々なツールを付加するのもよくありません。

マイクロソフトのOSは、そうした膨大なアプリケーションに対してと、セキュリティ機能に対しても限界にきているのが実情です。

OS開発元のマイクロソフト社のアプリケーションですら満足に動作しないのですから、おわかりでしょう。

パソコンの世界は、本当に自己責任の世界です。一般家電製品のようにメーカー責任が問えるのは、ハードウェアだけでしょう。

つまり、トラブルを避けたいならあまり多機能な内容を一台のPCに搭載させないことでしょう。用途に応じた分散でPCを複数台使用するのがベストですね。

そうしませんと、本業の仕事よりPCの面倒を見るのに時間を費やしてしまうことになります。PCはあくまでも道具ですから、道具に踊らされないようにしましょう。

by  大藪光政

|

«マイクロソフトのExplorer8は、導入しない方が良い。