« VBAのサポートを開始しました! | トップページ | F-Secureアンチウィルス クライアントセキュリティを評価する。 »

マイテックのソフトウェア開発について・・・

053

五月も終わりに近づきました。連休明けまで多忙だったソフト開発も一段落して、一息ついたところです。ブログ集の中で、一番サボっているのが、このイベントロギングのブログです。もともと、会社の出来事を見出し程度に行っていましたが、それでは面白くないと・・・思ってちょっとした文章を昨年まで寄稿していました。

ちょうど昨年から、ブログを始めましたので、それならこのイベントロギングもブログでやろうと思って今年の初めから開始したのですが、何せHPと、ブログ集だけで、10本を超えますし、おまけに私事で区の新聞記事も毎月書いていますから、このイベントロギングが後回しになりました。

会社の出来事も、クライアントさんに対する守秘義務があって、書けない面が多々ありますので、そうした意味では書きたくても書けない領域が存在するので辛いところです。

二月から五月までは、価格カタログ自動製本システムから始まった、次の仕事として価格改定システムに突入したのですが、この仕事は、厄介でした。

つまり、データベースの整備(正規化,製品名の統一、製品番号チェックなど)、から取り掛かりました。この作業はどうしてもその企業の仕事をきちんと押さえていなければ失敗します。システム開発を行なう場合は、まず、データがきちんと整備されているか?をきちんと確認の上、進めなければなりません。そうしませんと、あとで取り組みが迷走してしまいます。多くの企業のシステム化の失敗やトラブルは意外とデータベースにあります。

ソフトウェアを開発する企業は、このデータベースの整備に手を掛けることを好みません。それは、クライアント企業の社員がすべき仕事だと割り切っています。実は、現場をよく把握していないことと、手を出すと泥沼になることも多々あるので嫌がります。

今回のクライアントさんは、顧問先企業でもあったので、データベース整備の実作業は、すべて当社で行いました。作業を進めていく中で、やはり現場での価格体系の矛盾が出たり、営業マンと管理者との価格設定状況の把握に相違があったりして、そのたびに双方へのヒアリングを行い、最終としてはクライアント先の得意先様に対しても納得の行く価格設定演算公式を組み、それをプログラム化していきました。

価格の取り決めは仕事の内容として、やはり泥臭いところがありまして、お得意様との関係で、どうしてもこの製品は、この値段にしないと逃げられるとか、大卸店さんの場合には二次店さんの価格設定までメーカーに任せられてしまっているところもあったりで、そうしたところをきちんと踏まえた原材料値上げによる製品値上げを考慮する演算式を検討する必要があり、かなり厄介でした。

それと、特別仕様の場合の価格設定も自動化されていませんと、せっかくのシステムが泣いてしまいます。そうしたもろもろの状況を論理的に解析して、演算式を組みプログラム化していく作業は大変なのですが、数学の問題を解くのと同じで大変面白いものです。

こうして、メーカーとしての価格設定のシステムを構築することで、逆に今まで曖昧だった日々の仕事がきちんとルール化されて数万点の製品と数百件の得意先価格改定が自在に瞬時にやれるようになりました。

今までは、あまりに複雑な価格体系でしたので、Excelを使って算出したり、販売管理システムにその都度電卓で計算して入力してたりしていたので価格変更期間もかなり掛かったようです。昨今は、原材料の高騰が激しく、値上げによる製品価格も頻繁になってきており、そうした多忙な時期に、システムで瞬時に処理できるようになりましたので、大変感謝されました。

今度の土曜日は、福岡MUGの会に出席します。(MUGの略称はマイツール・ユーザー・グループ) マイツールを日々仕事で使っておられるグループからのお誘いで、初めての参加です。マイツールもWin95から今度の新OSであるWin ビスタまで動作しますから、恐らくMUGの皆さんは喜んでおられるでしょう。

今回の価格改定システムも動作確認をしましたし、以前、開発した株取引における確率演算シミュレーションシステム「微分取引」も動作させて見ました。結果は○です。デルのデュアルコアのCPU搭載機だったからなのか、かなりの高速で(数分間で)演算してくれました。(数十万回の論理演算をします。普通のPCは10分間以上掛かります) 要望があれば、デモを行っても良いかな?と思っています。

by  大藪光政

|

« VBAのサポートを開始しました! | トップページ | F-Secureアンチウィルス クライアントセキュリティを評価する。 »

ソフトウェア開発」カテゴリの記事