« 2009年8月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年11月

マイクロソフトのExplorer8は、導入しない方が良い。

P1020091

 

 

 

 

 

 

企業にて、インターネット接続をしているOSが2000やXP搭載のPCは、Explorer8のアップデートを言ってきますが、これは、行わない方が良いようです。対象は、WindowsXPなどのExplorer6が入っているPCに対して、バージョンアップを言ってきます。

当社のPCにて、一台だけインストールを行って、しばらく試してみましたが、IMEの動作にて、日本語入力に切り替えていても、ひらがな入力から勝手に英文字入力になってしまいます。表示は、ひらがな入力のままですから、困ったものです。

何度、それを戻しても、文章を入力している作業中に勝手に切り替わってしまいます。あと、ウエブ上のソフトでExplorer8に対応していないソフトも多くありますから、動作が不安定になったり、おかしくなったりします。

また、処理速度もExplorer6と比較すると遅いようです。これは、余分な機能が付随している分、遅くなるのは当然でしょう。これは、インターネット接続のときだけでなく、ExcelやWordを開くときも同じですから、速度が落ちるのでExplorer8は、お勧めできません。

検索で、調べてみますと同じような問題が幾つも出ているのがわかります。OSを開発している同じ会社が作ったものがどうして、こんな不具合のままのツールを出されるのか?不思議でたまりません。

この間、よその会社で不具合を起こしたPCを業者が引き上げて、修理して帰ってきたのは良いが、ExcelやWordを使用しょうとしたら、認証を求めてきたので、困っていると聞きました。

そこの環境は、セキュリティの問題でわざとインターネット接続をさせないところでしたので、インターネットでの認証がとれないという問題がありました。

それで、私が電話でマイクロソフトへ掛けて、自動応答での認証手続きを行おうとしたら、最終的に、認証ができないという自動応答でしたので、担当者との話を求めてオペレータと代わりましたが、結局、わからずじまいです。

それで、どうすべきか相談したらOffice2003は、サポート対象外だから、有償での取り扱いとなるというのです。これは、少しおかしいのではないかと思います。

ソフトの運用や、使用上での不具合に対するトラブル解決であればわかりますが、マイクロソフトが、コピー防止や不正流用のための防止機能がなんらかの形で、そうしたことには無関係のPCに対して、使用を抑止してしまっているという事実に対して、何故、無償で対応してくれないのか?疑問です。

こんなことをするから、独占的なシェアはサービスが悪くなるといわれるのです。

ソフト会社の最大の悪は、必要以上に、どんどんソフトのバージョンを上げて、使いもしない機能を付けて買い替えを勧める。あるいは、独占的なOSでもって誤動作の多い、乱暴な新ツールを押し付ける。

本当に、困ったものです。

Windows7も、しばらくは、放置しておいて企業のITとしては導入しない方が賢明だと思います。あわてて導入して色々トラブルが出尽くして、それらがネット上に書き記され、その対策が出尽くした頃に、本当に導入すべきか?検討すれば良いと思います。

デル社も、Windows7をXPにダウングレードしてのPCの販売を行っていますから、何をか謂わんやということです。

まあ、これらを勧めるPC関連業者はろくな業者ではないことは確かでしょう。

by 大藪光政

|

« 2009年8月 | トップページ | 2010年1月 »