パソコン・インターネット

PCとOSとアプリケーションの関係について

P1020684 

 

 

 

 

XPもSP3になってからもUpdateが結構頻繁にあります。そのお話をちょっとしましょう。

昨年、購入して四ヶ月足らずのデル社のStudio1555が年末におかしくなりました。急に画面が固まってしまうのです。

強制終了しないと、どうにもならないことがしばしばありました。どうも、XPのUpdateの直後からおかしくなったようです。

特に、インターネットや地デジを使った時にそうしたトラブルがおきます。勝手にダウンすることもありました。

もともと、購入した時からブルー画面が出て不安定なときもありましたが、こうしたトラブルの問い合わせをしても、デル社はハードウェアのトラブル以外は購入直後でも無償では相手にしてくれません。ソフトウェアのトラブルは有償です。

でも、こうしたOSやソフトウェアがらみのトラブルに対しては、相談しても結局、リカバリしてくださいとの答えになります。

リカバリするということは、また、一からすべてやり直しをするので、多くのソフトウェアや、多くのドライバーが投入されているパソコンにとっては、完全復旧までには、丸一日掛かります。多くのインストールの積み上げには、慎重を期します。

こうした作業は、素人では無理でしょう。プロでも投入されているインストール内容物の癖を周知していないと、せっかくの作業が終えても、また、画面がフリーズしたりしますから大変です。

このパソコンには、バッファローの地デジの録画機能付のDT-H50/U2を接続しています。ハイビジョン画面としては、とてもきれいに映像が見られます。ただ角度に難点がありますので、直角で見るのがベストです。

こうした機能をパソコンに接続しますと、トラブルとして、アンテナが屋内のアンテナを使っていますから、電波状態によっても画面が固まります。

しかし、本来は、テレビ受信のトラブルですから、PCとは切り離して対応してくれないといけませんが、購入当初はこうした問題が解決されてなくて販売に至ったようです。

これは、ある意味でバッファローの責任でしょう。後で、対策のバージョンアップ版が出ていますが、まだ、未解決な状況です。

こうした新しいアプリケーションやドライバーとの兼ね合いと、後からOSのアップデートとが、ぶつかり合うと、最初にお話した問題が生じてくるわけです。

今まで、何度か、無線ランの時も含めてトラブルが続きましたが、デル社に相談しても、リカバリしか道はないといいます。

実際は、システムの復元でうまく行く場合と、それでも駄目な場合と色々ありましたが、その時その時の発生状況の特徴をよく分析して対策を練るのが一番のようです。

ですから、一般の方がこうした問題を解決するのは不可能だと思います。最新の技術の出来栄えを試すことが目的であれば構いませんが、そうでなく、実用としてこれらを使うのはお勧めできません。

テレビは、単独で購入するのが一番です。また、あまりPCに色々なツールを付加するのもよくありません。

マイクロソフトのOSは、そうした膨大なアプリケーションに対してと、セキュリティ機能に対しても限界にきているのが実情です。

OS開発元のマイクロソフト社のアプリケーションですら満足に動作しないのですから、おわかりでしょう。

パソコンの世界は、本当に自己責任の世界です。一般家電製品のようにメーカー責任が問えるのは、ハードウェアだけでしょう。

つまり、トラブルを避けたいならあまり多機能な内容を一台のPCに搭載させないことでしょう。用途に応じた分散でPCを複数台使用するのがベストですね。

そうしませんと、本業の仕事よりPCの面倒を見るのに時間を費やしてしまうことになります。PCはあくまでも道具ですから、道具に踊らされないようにしましょう。

by  大藪光政

|

マイクロソフトのExplorer8は、導入しない方が良い。

P1020091

 

 

 

 

 

 

企業にて、インターネット接続をしているOSが2000やXP搭載のPCは、Explorer8のアップデートを言ってきますが、これは、行わない方が良いようです。対象は、WindowsXPなどのExplorer6が入っているPCに対して、バージョンアップを言ってきます。

当社のPCにて、一台だけインストールを行って、しばらく試してみましたが、IMEの動作にて、日本語入力に切り替えていても、ひらがな入力から勝手に英文字入力になってしまいます。表示は、ひらがな入力のままですから、困ったものです。

何度、それを戻しても、文章を入力している作業中に勝手に切り替わってしまいます。あと、ウエブ上のソフトでExplorer8に対応していないソフトも多くありますから、動作が不安定になったり、おかしくなったりします。

また、処理速度もExplorer6と比較すると遅いようです。これは、余分な機能が付随している分、遅くなるのは当然でしょう。これは、インターネット接続のときだけでなく、ExcelやWordを開くときも同じですから、速度が落ちるのでExplorer8は、お勧めできません。

検索で、調べてみますと同じような問題が幾つも出ているのがわかります。OSを開発している同じ会社が作ったものがどうして、こんな不具合のままのツールを出されるのか?不思議でたまりません。

この間、よその会社で不具合を起こしたPCを業者が引き上げて、修理して帰ってきたのは良いが、ExcelやWordを使用しょうとしたら、認証を求めてきたので、困っていると聞きました。

そこの環境は、セキュリティの問題でわざとインターネット接続をさせないところでしたので、インターネットでの認証がとれないという問題がありました。

それで、私が電話でマイクロソフトへ掛けて、自動応答での認証手続きを行おうとしたら、最終的に、認証ができないという自動応答でしたので、担当者との話を求めてオペレータと代わりましたが、結局、わからずじまいです。

それで、どうすべきか相談したらOffice2003は、サポート対象外だから、有償での取り扱いとなるというのです。これは、少しおかしいのではないかと思います。

ソフトの運用や、使用上での不具合に対するトラブル解決であればわかりますが、マイクロソフトが、コピー防止や不正流用のための防止機能がなんらかの形で、そうしたことには無関係のPCに対して、使用を抑止してしまっているという事実に対して、何故、無償で対応してくれないのか?疑問です。

こんなことをするから、独占的なシェアはサービスが悪くなるといわれるのです。

ソフト会社の最大の悪は、必要以上に、どんどんソフトのバージョンを上げて、使いもしない機能を付けて買い替えを勧める。あるいは、独占的なOSでもって誤動作の多い、乱暴な新ツールを押し付ける。

本当に、困ったものです。

Windows7も、しばらくは、放置しておいて企業のITとしては導入しない方が賢明だと思います。あわてて導入して色々トラブルが出尽くして、それらがネット上に書き記され、その対策が出尽くした頃に、本当に導入すべきか?検討すれば良いと思います。

デル社も、Windows7をXPにダウングレードしてのPCの販売を行っていますから、何をか謂わんやということです。

まあ、これらを勧めるPC関連業者はろくな業者ではないことは確かでしょう。

by 大藪光政

|

VBAのサポートを開始しました!

20080202_004

中小企業の多くは、マイクロソフト社のExcelを利用していますが、活用レベルは企業によってまちまちです。

Excelにおけるメリット・デメリット色々ありますが、手軽で簡単なのが"売り"でしょう。昨年発売されたExcel2007は、帳票がとてつもなく拡張されていますから、帳票でのデータベース活用としても膨大なデータを運用できます。

恐らく、特殊な業種で無い限り、今のExcelでもCSVファイルを活用して、十分データベースとして使うことも出来ます。もし、左程データ量が多くないのに、SQLサーバーとVBでシステムを組んだりした時、逆に、処理速度が遅い場合もあります。

企業によってはアクセスとVBの組み合わせで構築されているところもあります。アクセスは、一般的なソフト会社はあまり引き受けてくれません。それは、ビジネスとしてマイナーなところがあるからでしょう。つまり、せっかくアクセスでシステムを納めても、納めた企業の担当者がその内容を把握して、後で勝手に改造したり、その技術を取得して次からは頼まないということもあるからです。

話をExcelに戻しますが、Excelでの事務処理に留まっている企業に対して、その企業へのソフトウェア開発受注活動をしてもなかなか首を立てに振りません。何故かと言いますとやはり、カスタムでの開発費を出すことにためらいがあるようです。

やはり、中小はどこも経営が厳しいのです。だからといって業務の省力化をしないと人件費を消耗します。わかってはいるけど費用対効果で"考え中"となります。

そこで、弊社の契約顧問先に対してExcelにアドイン方式で様々なExcel業務の中で、マニュアルだと手が掛かる・・・或いはミスを犯しやすい作業フローを『対話形式』で、自動処理するシステム開発を始めました。言語はVBAですから、Excelとの連携はバッチリです。

また、弊社はソフトプログラム開発費を無料とした、新しい顧問契約も開始しました。これは、顧問契約+ソフト開発 = 月々の顧問料のみ。

(※指導した内容でのシステム開発に対しては、開発費を頂かないという契約です。)

中小企業にとって、非常に魅力ある新しい顧問契約方式です。詳しくは電話にてお問い合わせください。

by  大藪光政

|

DocuCom PDF Driverを採用いたしました!

20080202_020 弊社のもうひとつのブログサイトである『マイテックの徒然草』にも記載していましたが、アドビー社よりも優れているクオリティ社製品DocuCom PDF Driverを正式に採用致しました。

これは、主に大手企業向けに開発されたようで、ライセンス契約は、最低が10ライセンス単位での一括購入と使用になっています。

PDF作成が必要な部署は主に対外的な文書作成を行なう部署となりますので、生産が主なる企業に対してとか、企業規模の小さいところは市販の汎用PDFを購入されることが多いかと思われます。

弊社が採用としたきっかけは、弊社が活用するのではなく弊社のクライアント企業での運用を促進する意味での採用です。

現在、弊社ではアドビー社のPDF変換ソフトを使っていますが、クライアント企業からの開発依頼で『価格カタログ自動製本作成システム』を開発しましたが、このときアドビー社のPDF変換を使いますと、ブック形式にするとき、ページ枚数分の設定と結合をマニュアルで行なわないといけません。

それが、DocuCom PDF Driverを使えば、弊社のアプリケーションとの連携で、完全に自動化が出来たのです。そして、出来上がったPDFのブックに名前を付けるだけで完了します。こうして数百社の代理店に対する価格カタログの製本が出来上がるのです。

こうした機能を使わない企業にも、クオリティ社製品DocuCom PDF Driverをお勧めいたします。その理由は、使い勝手の良さとスピードです。その点については当方でも満足しています。

『価格カタログ自動製本作成システム』は、カスタムソフトウェアでお客様ごとの制作システムです。用途としては、得意先ごとに、製品卸価格が違う場合とか、販売管理からのデータベースを利用した価格改定カタログの作成に省力化とコストダウンそして瞬時に作成する能力が必要な企業様に大変ご好評頂いております。

製品の写真が不要で、価格表だけでよい場合も勿論お受けいたします。

詳細はお電話にてお問い合わせください。

by  大藪光政

|